慢性腎不全お猫様を愛する会

20歳の猫マジュ姉さん。 慢性腎不全で、2014年4月に亡くなりました。私、お猫飼いとしてアルミもたくさんの事を学ばせてもらいました。 少しでも皆様のお役に立てればとブログはじめました。 よろしくお願いします。

慢性腎不全の補液?輸液?

コンバンワ!(●´ー`●)

f:id:arumisei010:20131026232345j:plain

 マジュ姉さんは、補液直後はかなり御機嫌斜めになります。

この病院で受ける点滴は、補液?輸液?点滴?

なんていうんでしょう?悩みます。

言葉に無頓着な私は、みんな同じ言葉違う意味だと思ってました。

だから点滴って言ったり補液って言ったり。毎回違ってすいません。
今は点滴って言ってます。一番身近ですし、分かりやすいし。

でも、皮下点滴って言った方がいいんですかね。

不安定で申し訳ありません。

これから皮下点滴で統一しますね。

本当に色々で、知識豊富な方は、ちゃんと使ってらっしゃって凄いです。
私調べなので間違ってたら申し訳ありません。

(あってるとは思うのですが・・・)

f:id:arumisei010:20131103205732j:plain

病院では、補液と輸液はあまり確実に使い分けはしていないようです。

輸液→輸血の血液の代わりに使うというわけでない(専門用語)
補液→脱水状態を改善するような感じ。

病院では点滴って仰るし、みなさんのブログを調べたら色々。

違う意味だったり、大きなくくりだったり、今回は「もう知ってるよ〜」って話題だと思いますが、私なりの解釈と、調べた結果を書いていきました。

ですから、慢性腎不全初心者の方々、初めに受けるのは補液でいいんだと思います。

動物は皮膚の間に液を入れるので皮下点滴になります。

人間の皮膚と肉の間に点滴ってできませんよね。
でも、ヒアルロン酸とかは打ってる事になるんでしょうか?

ってますます混乱させてすいません(´-﹏-`;)

日々精進いたします!

    
   ~猫さん、犬さん、の飼い主の皆さん。~

慢性腎不全は治らない病気です。
ですが、明るい気持ちにさせてくれる、彼女、彼らのために、笑顔で乗り切っていきましょうね。
それを私たちの家族は、望んでくれていると思います!(๑╹ω╹๑ )

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ウエーブサイトを作ってみたい方にお勧め♪

キャンペーン中★

あなたのブログのお名前を自分で決めませんか?