慢性腎不全お猫様を愛する会

20歳の猫マジュ姉さん。 慢性腎不全で、2014年4月に亡くなりました。私、お猫飼いとしてアルミもたくさんの事を学ばせてもらいました。 少しでも皆様のお役に立てればとブログはじめました。 よろしくお願いします。

猫さんの慢性腎不全のオシッコのお話

猫のおしっこのお話

オイオイって、話題かも知れませんが、あえていたしたいと思います。もう、恥ずかしがる歳でもないですし、私自身が消化器系の病気ですし。

まず、お断りします。

マジュ姉さんのお話ですので、皆さんのお猫様の全てには当てはまりません。

マジュ姉さんは慢性腎不全になった直後、お漏らしをかなりされてました。一緒に寝ているので、布団がびっしょり濡れているという事がかなりありました。

私は怒らない主義なので、対策としてオシッコをした所をすぐに洗える様に、介護用のシートを買いました。そして羽毛蒲団の下と、ベッドの下に敷きました。

あと、夜中お戻しもあり・・・

コホコホと言う特有の音を聞いたら、すぐき起き上がって拭き、お漏らしがあったらそれも拭く。

マジュ姉さんは一生懸命、私に知らせようとしてくれるので、顔の前でお戻しされた事もちらほら(●´ー`●)

そういう冬が長く続きました。

だいたい三年くらいですかね~。

私のあま~い目線での、マジュ姉さんの心情。

かなり自分が嫌みたいに思えました。

全く叱られず、オシッコシートを自分の行く先々で敷かれる。

屈辱・・・・

マジュ姉さんもおしっこシートがそこにおしっこをするものだと分っているのだと思います。だからおしっこシートを敷かれたところには寝なくなりました。

そして今はほとんどおもらしはないんですよ。

たまに「あれ?臭いぞ?!」って思う事があるのはマジュ姉さんには内緒です(笑)

それでも今も、お尻のあたりをブラッシングするとお漏らししてしまう日もあります。

頑張ってるのはわかってるので「おもらししちゃったね~」といって拭いてあげます。

f:id:arumisei010:20131114211947j:plain

大丈夫だよ。

頑張ってる事はお姉ちゃんはちゃんとわかってるから。

明日、嫌だけど一緒にまた病院に皮下点滴へ行こうね。

ありがとう。

 

    ~猫さん、犬さん、の飼い主の皆さん。~

慢性腎不全は治らない病気です。
ですが、明るい気持ちにさせてくれる、彼女、彼らのために、笑顔で乗り切っていきましょうね。
それを私たちの家族は、望んでくれていると思います!(๑╹ω╹๑ )

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ウエーブサイトを作ってみたい方にお勧め♪

キャンペーン中★

あなたのブログのお名前を自分で決めませんか?