慢性腎不全お猫様を愛する会

20歳の猫マジュ姉さん。 慢性腎不全で、2014年4月に亡くなりました。私、お猫飼いとしてアルミもたくさんの事を学ばせてもらいました。 少しでも皆様のお役に立てればとブログはじめました。 よろしくお願いします。

猫さん慢性腎不全になる

猫さんが慢性腎不全と診断された皆さん。落ち着いてくださいね。

急性腎不全でなければ、対処法によってはマジュ姉さんみたいに長生きできるかもしれません。

泣かないで。

落ち着いて。

ちょっと長いですが、食事の事をまとめました。参考にしていただけると嬉しいです。他にもご飯を紹介してますので、参考にしてくださいね。

それでは始めます。

早く食事を始めましょう

主に慢性腎臓病の猫さんは、腎臓が悪くなって尿毒症になってしまうと、食欲が下がるし、慣れてない腎臓病用のごはんを出されても、食べ無い子が多いようです。初めはほんの少し足して、徐々に移行できるならしていった方がいいと思います。

食事の移行は、かなり時間がかかります

とにかく根気よく!これは食べないから次のを試してみようって柔軟な姿勢が大切です。種類だってかなり豊富です。いろんなメーカーを試してみてくださいね。

最近だと量販店でも販売している所もあります。ホームセンターとか覗いてみてください。今はこのご飯は嫌だけど、また食べてみようかなぁって子もいるので、何種類も開けてしまったモノがあったら全部混ぜてしまえ!

ってやったら案外食べてくれたします。

好きなご飯多めにして少しずつです。とにかく無理には禁物です。



 

 

 キドノーケアのドライフードです。

代表的なモノだと思います。

粒が細いくて、食べやすくなっています。

最近値上がりしたようですね。価格に違いがなくなりました。

 

 

よくこれを使っていました。

粒が丸くって少し大きいです。好みなのかなぁって思います。

触った時に、少し油分が多いように感じました。

よくくつろぐ所にお水をいつでも飲めるようにしてあげると、飲む量も増えるかもしれません。水も重要です。新鮮なお水をよく寝る所のそばにそっと置いておくと飲んでくれるかもしれません。よーく観察して、ピックアップしてあげて下さい。

入院中や退院直後などに療法食をあげると、味と環境を結びつけて覚えてしまう子もいます。入院中に食べたフードと違う種類のもの、また退院したその日は家でいつものフードを食べて安心してもらってから、療法食に切り替え始めるといいこともあります。

焦る気持ちはものすごくわかりますが、ストレスのかかっている時期を避けましょうね。 

温度 湿度を整える

ドライフードの場合少しお湯を足し、ウェットの場合はそのままレンジで温めると食べてくれることがあります。ちょっと匂いがきつめなので、温めると余計に人間でも「なんじゃこりゃ?!」って匂いです・・・

それでも、冷たいよりはいいみたいなので、「猫舌」を刺激しない暖かさを目指してください。温めすぎは注意ですよ!

人肌ぐらいで大丈夫です。

質感や形の好みが変わる

慢性腎不全になることで好みが変わる猫もいます。ドライ派からウェット派へ、またその逆もあるのでいままでとは違った質感のフードを試してみましょうね。

調味料を加える

猫は嗅覚が食欲に一番刺激するので、臭い付けをして食べてもらう方法です。味付けしてないチキンスープ、マグロの汁またはビール酵母オレガノなどが好きな猫もいます。猫さんの好みを思い出してください。

あなたが食べているとき、「欲しいよ~」って覗いている食べ物はありませんでしたか?

かつお節は食いつきがいいですし、お手軽なんですが、塩分やリンが多いため慢性腎不全や尿石症の猫にあげすぎは注意です。

でもちょっとなら大丈夫って、お医者さんに確認済みです。

とにかくいろんなブランドのフードを探す

有名なところでロイヤルカナン

ヒルズ

ドクターズケア

スペシフィックなどのブランドがあります。

そのほかにもまだまだあります。最近は同じブランドでも、種類が出てますので、少しずつチャレンジしてみてください。

腎不全用フードをどうしても食べないので あれば同じようなコンセプト(リン、タンパク質抑えめ)の老猫用フードなど、療法食にこだわるのではなく食べられる中で最適なフードを探すことも大事だと思います。

f:id:arumisei010:20131211195639j:plain

あなたが悲しい思いをしていると、猫さんも悲しいと思います。私もこれを書いていて、初めて「慢性腎不全ですよ」って言われた日を改めて思い出しました。

泣いてばかりでした。

でもマジュ姉さんは頑張ってくれています。

私もそれに答えていきたいです。

一緒に無理をせずに頑張りましょう。応援しています!

がんばれ!

    ~猫さん、犬さん、の飼い主の皆さん。~

訪問ありがとうございます!

慢性腎不全は治らない病気です。
ですが、明るい気持ちにさせてくれる、彼女、彼らのために、笑顔で乗り切っていきましょうね。
それを私たちの家族は、望んでくれていると思います!(๑╹ω╹๑ )

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

ウエーブサイトを作ってみたい方にお勧め♪

キャンペーン中★

あなたのブログのお名前を自分で決めませんか?