慢性腎不全お猫様を愛する会

20歳の猫マジュ姉さん。 慢性腎不全で、2014年4月に亡くなりました。私、お猫飼いとしてアルミもたくさんの事を学ばせてもらいました。 少しでも皆様のお役に立てればとブログはじめました。 よろしくお願いします。

うちの猫さん慢性腎不全の数値

現在うちの猫さん。マジュ姉さんの腎臓の悪化状態は、中程度との事です。

BUNとCre値の比を知るには、どうすればいいのでしょうか?

私が参考にしているのが下の算出方法です。

BUN値÷Cre値=10〜20であれば正常とされる範囲で、BUNの価は評価されるため、

BUN値÷Cre値=20以上の場合は、病態に注目する必要があります。

※病院の検査機械によって、正常値の範囲は異なりますのでお気を付け下さいね。

http://instagram.com/p/hBVwIWFbLj/

Instagram

そして現在の数値が、下の数字になります。

bun→67.3mg/dl

cre→3.3mg/dl

現在、bun→67とかなり高めですが、食欲が有り余っているため、高くなっているとの事。毎週0.1キロ増加してますからね。
その点からいったらそうなります。
正確な数値を計るには、食事を抜いて計る方がいいそうです。ちょうど夕方の食事をとった後だったので、朝に通院したらまた違ったのかも・・・
なんて淡い期待を持ったりして。

現在の状況を打破するためには、薬や食事を変化させて、治療を始めないといけませんが、食欲が無くなってしまったら元も子もないので、私はマジュ姉さんの食欲のままにしてあげたいと考えています。
本当にこうなると、もう、飼い主がどう来たいかになってしまってますよね。

食欲がある限り、治療より、食欲を重視したいと思っています。

http://instagram.com/p/hBUzYElbKH/

Instagram

本当に考え方次第になってきますね。

なぜ、そんな考えになったのか?

私は消化器系の病気を18年患ってきていますので、食事ができないつらさが嫌というほどわかります。食事制限がこれほど続くと本当につらいです。
お肉のジューシーさ。
アイスの冷たい甘さ。
コーヒーの苦さ。
カレーの辛さ。それらのおいしさをわかっているのでなかなか我慢がむずかしい。私の根性がないだけなんですけどね(笑)

ですから、それらを全て制限していても、我慢できずにほんの一口、口に入れては点滴生活・・・

思い出すだけで、歯を食いしばってしまいます。

現在は病巣の大腸を全部取ってしまったので、食事制限がだいぶん緩和されましたが、胃にも治らない病気があるため、かなりきつい薬を飲み続けています。

どうしても、マジュ姉さんの病気を自分と重ねてしまうのです。
このままおいしくない食事をとり、つらい点滴で顔をゆがめる。

そんな日々を続け終わってしまうのは、なんてつらい事なのだろうと考えるのです。

人間と比べれば、猫さんの人生は本当に短い。
マジュ姉さんも人間で換算すれば私と同じくらいの人生?
いえ、猫生生を闘病生活に当てています。

だから、いつ終わるかわからないその生を、私自身が残りの人生に願うような事を、同じように送らせてあげたい。

食事と、私の愛情ぐらいしかあげることができないので、それをできる限りしてあげたいなぁって考えに至るのです。

http://instagram.com/p/hBU4p1lbKR/

Instagram

 ~猫さん、犬さん、の飼い主の皆さん。~

慢性腎不全は治らない病気です。
ですが、明るい気持ちにさせてくれる、彼女、彼らのために、笑顔で乗り切っていきましょうね。
それを私たちの家族は、望んでくれていると思います!(๑╹ω╹๑ )

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

ウエーブサイトを作ってみたい方にお勧め♪

キャンペーン中★

あなたのブログのお名前を自分で決めませんか?